地方で副業!居住地を問わずリモートワークOKな仕事に応募できる「ともるい」の今後が楽しみな件【基本無料】

レンタルオフィス「METSオフィス」運営責任者のオバタです。

コロナ禍により多様な働き方の見直しが進む中、リモートワークにおいても新たな働き方を提案するという試みが始まっているようです。

当記事では、都会にいながら副業として地方での仕事を探すことができる「ともるい」というウェブサービスについて皆様にシェアさせていただきます。バーチャルオフィスは副業で利用されるお客様も多く、首都圏等で複数の仕事を持っている方や地方での仕事に興味がある方にとっては価値のある情報だと思います。興味がある方はぜひ目を通してみてください。

「ともるい」とは

ともるいトップページキャッチ

URL: https://riparia.jp/tomorui

「ともるい」は、現在の居住地を問わず副業として地方での仕事を探すことができる基本無料のウェブサービス(インストール不要)です。基本利用無料、日本語完全対応。今の仕事をやめずに地方での仕事もしてみたいという方はチェック推奨です。

「ともるい」の利用はユーザー登録必須

「ともるい」で紹介されている仕事へ応募する場合は、トップページ右上の「新規登録」から進み任意のメールアドレスとパスワード、その他必要事項を入力して登録作業を完了させておきましょう。

プロジェクト(仕事)の一覧は、登録しなくても閲覧だけは可能な仕様となっています。

ともるいで応募できるプロジェクト(仕事)について

プロジェクト一覧の画面|ともるい

「ともるい」で応募できるプロジェクト(仕事)は、すべてともるいのウェブサイト上で閲覧することができるようになっています。

一覧にあるプロジェクトをいくつか見てみたところ、紹介されているプロジェクトは基本的に副業として取り組めるものばかり。「関わり方」の部分にリモート/スキマ時間と明記があったり、応募者目線でのわかりやすさを重視している印象を受けました。

また、「求める人」としてどんな人に応募してほしいか明記されているのでミスマッチが起こりにくいよう配慮されています。

気になる報酬や待遇については、各プロジェクトページ内の「報酬・待遇」に明記されています。応募前に必ず確認するようにしましょう。

下記に副業として取り組める魅力的な仕事をいくつかご紹介しておきます。
(※記事公開時点で応募できる案件のみ抜粋)

日本酒サービス「サケアイ」のデザイナーを募集

日本酒サービス「サケアイ」のデザイナーを募集|ともるい

新潟県長岡市に拠点をおく株式会社サケアイ様が日本酒サービス「サケアイ」のデザイナーを募集している案件です。紹介ページには日本酒を世界に広めたいという理念や今後の目標などわかりやすくまとめられています。副業OKなデザイナーでお酒が好きな方は応募してみてはいかがでしょうか。

農作業着のオンラインショップ店長候補を募集

農作業着のオンラインショップ店長候補を募集|ともるい

新潟県三条市に拠点をおく株式会社ヴィヴィッドリー様がオンラインショップの運用とカスタマーサポートを募集している案件です。欲しい人材はネットショップ運用経験のある方とのこと。ウェブコンサル事業者にはバーチャルオフィスを利用されている方も多く、オフィスサービス利用者とは良いマッチングができるのではないかと思います。

Focus Onの動画クリエイターを募集

Focus Onの動画クリエイターを募集|ともるい

新潟県新潟市に拠点をおく株式会社イードア様がWeb/出版メディアFocus Onの動画クリエイターを募集している案件です。今は個人で動画編集を請け負う方も多く、バーチャルオフィス利用者にも動画編集を本業または副業で取り組んでいる方が多数いらっしゃいます。メディアの立ち上げに興味がある方はぜひ応募してみてください。

地域活性化の事業立案者募集

地域活性化の事業立案者募集|ともるい

新潟県上越市に拠点をおく株式会社北信越地域資源研究所様が上越妙高駅前コンテナタウンでの地域活性化の事業立案者を募集している案件です。コンテナを活用したまちづくり商業施設ということでとても面白いプロジェクトにできそうな予感がします。バーチャルオフィス等のオフィスサービスを利用しており地方での副業に興味があるコンサル業の方、これは大きなチャンスかもしれません。

都会にいながら地方で働きたい方にバーチャルオフィスは最適です

既にバーチャルオフィスを本業または副業で利用されている方にとっては当然の認識かと思いますが、都会にいながら地方で働きたい方にとってバーチャルオフィスは最適だと言えます。

本業副業問わず、働く上ではビジネス用の住所が必要になります。自宅住所は賃貸だとオーナーが嫌がる場合もありますし、何よりご本人に様々なリスクが発生する可能性があり推奨できません。

バーチャルオフィスなら東京都心の見栄えの良い住所地を月々数千円程度で借りることができます。事務所や個室のオフィスだって結局は場所以外に住所も借りているに過ぎず、取引先やクライアント向けに最低限の体裁を整えたいのであればビジネス用の住所くらいは用意しておきたいところです。

昨今では個人だけでなく多くの株式会社がバーチャルオフィス利用する時代となり、士業の方の利用者も続々と増えています。特に現在のコロナ禍においては固定のオフィスを借りていた方が「オフィスは不要」だとしてバーチャルオフィスに移転するケースも激増しています。

「ともるい」のような地方で働く案件に応募する際も、バーチャルオフィスだから審査に落ちるかもなどと考える必要はありません。リモートやスキマ時間で働く際に大事なのは、確かな実績と実力。私個人としてはバーチャルオフィス利用者で優秀な方は数多くいらっしゃるのですからどんどん応募していただきたいなと思う次第です。

まとめ

まさに働き方改革という言葉ピッタリな「ともるい」のようなウェブサービスは増えていく可能性があります。居住地を問わず地方で働ける仕組みが確立される時代は来るのでしょうか。

ともるいについては、現時点では主に新潟県のプロジェクトが中心で日本全国を網羅している状態とは言えません。今後の課題は素人目にもわかる通り、募集側の企業を迅速に増やしエリアを拡大していくことでしょう。

運営は地方のベンチャー企業ということで今後がとても楽しみなウェブサービス「ともるい」、興味がある方はぜひ覗いてみてくださいね。