国内最安値、月額税込300円以下を実現。誰もが気軽に起業や副業にチャレンジできる社会へ、METSオフィスの新たな挑戦が始まります

METS運営責任者ブログ

目次 -Table of Contents-

2022リニューアル1

はじめに

平素よりMETSオフィスをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
METSオフィス運営責任者のオバタと申します。

2022年10月、METSオフィスは大規模なサービスの刷新及びウェブサイトのリニューアルを行いました。

この度のリニューアルは紆余曲折を経てようやく実現できた、バーチャルオフィスサービスの集大成であり、そしてある意味始まりでもあります。

世界的な不況も、世間の値上げラッシュも関係ありません。
今だからこそ、国内最安値のバーチャルオフィスをリリースする意味があると考えています。

今回のリニューアル概要を3分程度で読めるテキストにまとめたので、興味がある方はぜひご一読ください。

値上げラッシュ時代に最安値まで下げるなんて頭が

どうかしていると思われても不思議ではありませんが、いたって冷静です。

この度のリニューアルの目的は、ざっくりお伝えすると、
サービスと提供価格の刷新、そしてユーザビリティの圧倒的向上です。

綿密かつ長期の市場調査、準備期間を経てのリリースとなりました。

近年では某大手企業が参入してきたり、転貸形式でもしっかり市場のニーズに合わせた価格に合わせてきたりと戦略的にビジネスを展開している競合他社が増えてきています。

そういった動きがある中、直近のMETSオフィスのサービスはお客様からのご期待に応えられていなかった面があったと認識しております。

だから追従してこちらも値下げ……という単純思考ではなく、

自社ビル直営という独自のメリットを活かしたこれまでにないサービスを提供したい

と考えるようになり、そのための準備を行ってまいりました。

思いついて翌日リリースできればベストだったのですが、こういった刷新は市場調査などが必須となるためどうしてもまとまったお時間をいただく形となりましたこと、この場を借りてお詫び申し上げます。

国内最安値のバーチャルオフィスという表記は誇張ではありません。
他社が競ってきたらもっと下げても構わないという覚悟もあります。

もしもそのようなサービスを見つけたら、私宛までご一報いただけますと幸いです。

ごまかしや詐称ばかりの業界をぶっ壊す。

昨今のバーチャルオフィスサービスは、競合他社様の企業努力によってさらに安く利用できるようになっています。

反面、ある種の「わかりにくさ」は改善しておらず、むしろ悪化しているような感覚さえあります。

総合的に「情報の見せ方」が巧みに、狡猾に。
それが常態化していてサービス提供側も「他もやってるから」と麻痺してきている。

嘘でなければなんでもいい、とでも思っているのかもしれません。

  • 住所の実態が古いビルやアパートの1室(サイト上ではわからないようにしている)
  • 別途実費が必要なサービスを「無料」と表記
  • もともと含まれていないサービスを「0円」で使えるかのように説明
  • 実質的な自作自演のアンケートで「1位」を演出(詐欺ではないが悪質)
  • 他社と比較して安くもないのに何故か「最安値」表記
  • 別々の運営会社が同ビル内の別フロアに入居(料金が違うのにどちらを使っても同じ)

このような相談を受ける頻度は、数年前と比較すると激増しています。

都合の良い要素だけを切り取ったり誤認させるような表記をしなければ選んでもらえないサービスとも言えますが、それでも安ければいいというのが率直なお客様のご意見だと思います。

そして、一定数のお客様に選ばれているならそれは現市場においては必要悪であるとも言えます。

しかし単純に、相談が激増しているような悪なら無くなったほうが健全なのは間違いありません。

これらの問題は、全拠点が自社ビル直営であるMETSオフィスが透明性のある超低価格のプランを市場に投入することである程度は解決できる可能性があります。

数年後には全てのバーチャルオフィスユーザーが今よりも健全な環境でサービスを選べるような状態にすべくできる限りの努力をしていく所存です。

改革に必要不可欠だった2つの力

同価格帯の市場調査をしたとしても、マーケットイン的な考えで値下げしたりサービス内容を調整するのは容易なことではありません。

多くの企業にとっては「わかっていてもそんなことはできない」が現実的な答えになるでしょう。

METSオフィスのケースひとつとってもかなり大胆な挑戦で、他社が真似しようとしても現実的には難しい内容がいくつも散りばめられています。(といっても何らかの施策は出してくるはずなのでどんな手を打ってくるのか楽しみでもあります。)

そんな他所から見れば無茶かもしれない今回のリニューアルは、これまで支えてくださったすべての会員様の力、弊社社長の「一緒に社会貢献がしたい」という理念の両方が揃ったからこそ実現することができました。

限界に挑戦するほどの薄利でお客様第一のサービス価格へ切り替えることができたのは、会員様のおかげです。
この場を借りて心から御礼申し上げますとともに、今後もよりご満足いただけるサービスを提供できるよう努めてまいります。

ありふれた表現ですが、運営責任者として一番嬉しいのは「METSを選んでよかった」とお声がけいただくことです。

ただしそのお客様からの評価は永遠に不変というわけではないこと、理解しております。

現実的に難しいことはありますが、可能な限りお客様の「一番」であり続けるために改善を試みてまいりますので、ご意見やご要望がございましたらご一報いただけますと幸いです。

コロナで消えかけたあの企画の裏事情と今後

話は少し遡りまして、パンデミック前。

METSオフィスでは、付加サービスの拡充を中心に様々な施策を検討していました。
過去の社長や私のインタビュー記事内にある「会員サイトの機能拡充」がその一部にあたります。

ところが、世界的な感染症の流行が原因で計画の大半はストップせざるを得なくなってしまいました。

社会のいたるところで部分的なロックダウンや外に出る文化が一時的に制限された結果、METSオフィスのサービスにも様々な悪影響がございました。

この時点で明白だったのは、改めて同じサービス拡充計画を急いで始動する意味はないということでした。
時流を鑑みれば、抜本的な見直しや改革が先で、拡充はその後。

起業、副業、ダブルワーク、在宅勤務……等々の需要がより高まっていくことを見越してサービス内容を刷新し、既存会員様と新規会員様の満足度をより高めていく必要があると考え、リニューアル計画に着手することとなりました。

期待してくださったお客様にご迷惑をかける形となってしまったこと、改めてお詫び申し上げます。
計画はストップしておりますが消滅したわけではなく、改めて時流を織り込んでのリリースを検討中ですので続報をお待ちいただけますと幸いです。

「国内最安値」の景色は譲らない

バーチャルオフィス業界には、誰にとってもここを選んでおけば問題ないというサービスがありませんでした。

「誰にとっても」という条件ではこれからも変わらないかもしれません。
様々な利用目的で選択肢が多くあるのは良いことでもあります。

ただしMETSオフィスは、国内最安値のサービスについては価格を改訂し続けてでも1位を守っていく所存です。

他のセットプランも同条件で比較した際に1番あるいは国内有数のコスパを維持できるよう調整していく予定です。

市場が変化するなら、私たちも進化していくだけ。
今後ともMETSバーチャルオフィスをよろしくお願いいたします。

最後に:「のりかえ」と「おかえり」

他社のバーチャルオフィスをご利用中のお客様は「のりかえ」キャンペーンでお得に移転できる場合がございます。
詳しくは当サイト内「キャンペーン一覧」ページをご確認ください。

また、すべての既存会員様は新プランに切り替えることができるようになっているほか、退会された方も「おかえりキャンペーン」によりキャッシュバック可能な仕組みもご用意しておりますので、ご縁がございましたらご活用いただけますと幸いです。

■ キャンペーン一覧ページ
⇒ https://vo-metsoffice.jp/guide/campaign/

最後までお読みいただきありがとうございました。

国内最安値 自社ビル直営 バーチャルオフィス

ライト

個人・法人

¥ 270
~ /月・税込
  • バーチャルオフィス国内最安値
  • 自社ビル直営の住所利用可
国内最安値

ビジネス

個人・法人

¥ 1,100
~ /月・税込
  • 法人登記可能な上位プラン有
  • 郵便受取・通知・月1無料転送
カテゴリー
Scroll to Top